入れ歯の治療

山川歯科の入れ歯について

山川歯科の入れ歯について

入れ歯は、失ってしまった歯の代わりになるものです。
山川歯科医院では、保険の入れ歯はもちろん、患者さまのご希望に合わせたさまざまな選択肢をご用意しています。

先代の院長だった父は、「入れ歯の調整がとてもうまかった」という話を長く通っていただいている患者さまからよくうかがいます。
現に、今でも父のつくった入れ歯をご愛用いただいている患者さまが多くいらっしゃいます。

しっかり丁寧に合わせること、微妙な違いを見極め、時間をかけて調整することなど、入れ歯に関して、私は父から多くのものを学んできました。
山川歯科医院では、入れ歯に関してきちんとしっかり噛めることをベースに、患者さまのご希望にぴったり合ったものをつくることを大事にしています。

食事のときの味わい、話すときの違和感、噛み心地、強さ、汚れにくさ、見た目の違和感、そしてもちろん費用について、患者さまがご自宅で十分に検討し、ご納得いただけるものが選べるように詳しくご説明しています。

また、口の中の環境は、さまざまな要因によって年を経るごとに大きく変わっていきます。
「入れ歯が合わなくなってきた」「違和感がある」などと思われたら、お気軽にご相談ください。
きちんと合うように、丁寧にじっくりと調整や修理を行います。
もし、新しく作り直すほうが望ましい場合にも、まず詳しいご説明をいたします。

入れ歯の種類と費用

部分入れ歯 ~パーシャルデンチャー~

保険の部分入れ歯 入れ歯を支えるために、「クラスプ」という金属のバネを隣の歯にかけるタイプです。
多少たわむため、クラスプをかけている歯に負担がかかります。
自費の部分入れ歯 金属のバネが見えないノンクラスプデンチャーや、食事のときの違和感が少ない金属床の入れ歯があります。材質・部位・本数によって費用がかなり変わってきます。お気軽にお問合せください。

総入れ歯 ~フルデンチャー~

保険の総入れ歯 すべてがレジンでできています。
厚みがあるため少し話がしにくいと感じる方が多いようです。
また、食べ物の温度が口内に伝わりにくいので、熱いものや冷たいものを食べる楽しみがやや阻害されます。こちらには、修理しやすいというメリットがあります。
自費の総入れ歯 薄く、温度を伝えやすい金属床の総入れ歯です。
保険の総入れ歯よりも格段に違和感が少なくなります。材質によってご費用は変わりますので、お気軽にお問合せください。
pagetop